お金は自分にとって都合のよい銀行に預金する

お金だけは誰にも頼る事が出来ませんから自己責任で預金をしておかないと何時大きな出費があるか分かりません。

お金は自分にとって都合のよい銀行に預金する

将来を見越してお金を預金します。

親兄弟でもお金だけは頼りにすることはしたく有りませんから自己責任で預金をしておかないといつ大きな出費があるか分かりませんから習慣ずけています。
何のため?と聞かれても特別予定があるのではなくて漠然と将来何か有るかも知れないと言う思いがあるからです。
病気で働くことさえ出来ない事が有るかも知れないし働く意欲があっても職場が無くなる事もありうる事ですから少なくても数ヶ月生活出来るだけの預金は確保して置きたいです。

何かの生活白書で定年退職するまでに貯めておきたい金額を見た事が有りますがかなりの高額でした。
そこまでに及ばなくても年金が貰えるまで不安定な生活をしたくなですから可能な限り預金して将来に備えて準備しておきたいのです。
余分には要らないものですが最低限必要な生活費を貯めておかないと不安感を拭う事が出来ません。毎月頂くお給料から僅かずつでもお金を貯め続ければ将来に備える事が出来ると思いますから貯める体質造りに励んでいます。
本当にお金に困っても自分が他の人を面倒見るための余分なお金は有りませんから他の人もそうだと思うからです。
自分が出来ないことを他の人に求める事が出来ませんからどれだけ貯めれば十分かは分かりませんが頑張って貯めているのです。
生活白書で見た金額があれば年金だけでも不安を感じることがないと言いますから。年金支給開始年齢が伸びていますからそのための準備も必要になりますからまだまだですね。

Copyright (C)2017お金は自分にとって都合のよい銀行に預金する.All rights reserved.