お金は自分にとって都合のよい銀行に預金する

日本人は世界からみてもお金もちで預金額が沢山ある国民と見られています。日本人は貯金がすきです。

お金は自分にとって都合のよい銀行に預金する

お金は大切です。日本人は預金が好きです♪

日本人は世界からみても、お金を大切にし、預金が大好きな国民とみられているようです。
というのも、お金を扱う時に、日本の人は大体、お札の向きをきちんと並べたり、お札にいたずらがきをしたり、なんてことはしません。また、お金を人様に渡すときには、きちんとそろえて渡したり、袋に入れて渡したりします。
子供の頃から「お金は大切。粗末にしたらばちが当たる」といわれてきたからでしょう。
また、日本人の美徳といえば倹約と貯蓄、といわれてますが、そのために幼少の頃から、お年玉などを頂いたら、将来に備えて、銀行に貯金する、という習慣を身に着けさせられます。
よって、日本人の子供は随分小さいうちから、銀行の口座を持っているわけです。

しかし、一方で、お金に関する、面白いデータもあります。
日本人の家族の約3分の1が、銀行に貯蓄がない、というのです。
預金が大好きな日本人なのに、貯蓄がない、というのは不思議なことです。
アメリカなどですと、銀行の口座に貯金しておくよりも、さらに利回りのよい株などに投資した方がよい、といいます。
またオーストラリアなどでは銀行に貯蓄するよりも、不動産物件を購入して投資したほうがよい、という方が多くいます。

しかし、やはり、正直なところ、子供の頃からこつこつ貯金する事を教えられてきた日本人としては、転ばぬ先の杖、何があるかわからないご時勢ですから、銀行にすこしだけでも貯蓄をして口座を維持する努力があると、いざという時心配がいりませんですね。小銭でも、あったら貯金をする習慣をつけましょう。

お金を調べましょう★

Copyright (C)2017お金は自分にとって都合のよい銀行に預金する.All rights reserved.