お金は自分にとって都合のよい銀行に預金する

社会人になってから稼いだお金を銀行に預金するようになりました。その預金のおかげで結婚資金が出せました。

お金は自分にとって都合のよい銀行に預金する

お金を銀行に預金していたおかげで結婚資金が出せました

わたしは大学を卒業して働き始めてからお給料の一部を銀行に預金しています。
もう少し前にある銀行に預金しておけば、今頃はかなりお金持ちになっていたと思うのですが、バブルが崩壊した後だったので、利息はあまりつかなくなってしまいました。

しかし、手元にお金を持っているよりも銀行に預けたほうが安全ということと、少しであっても利息が付くということはうれしいことなので、稼いだお金は銀行に預金しています。
そしてわたしの趣味は預金通帳を眺めることでした。
初めて就職した会社の給料はそんなによくなかったので、あまりたくさん預金することはできなかったのですが、それでもせっせと少しでも預金しようと思ってがんばったので、2年間で100万円ぐらい貯まりました。
100万円預金できた時は本当に達成感があり、うれしかったです。

長い独身だったので、途中で転職をして新しい会社では給料がよかったので、以前の会社に勤めていた時よりももっと預金のスピードが速くなりました。
そのおかげで3年しか働いていなかったのにも関わらず200万円ほど預金することができました。
そしてそのお金から結婚費用や引っ越し費用を出すことができたので感謝しています。
今は専業主婦をしていて預金は夫の給料からしています。
結婚する時に、独身時代に給料から預金をしていて本当によかったと思ったので、これからも老後や海外旅行資金のためにしっかりと預金をしていきたいと思います。

お金を調べましょう★

Copyright (C)2017お金は自分にとって都合のよい銀行に預金する.All rights reserved.